コーヒーとビール 2

はいどうも、手荒れMAXの黒大です。

「コーヒーとビール」第二弾。

前回は妻がコーヒードリッパーを買ってきたというところでしたが。

さて、ある日曜日の事。地元でやってるマルシェに家族で行きました。

そこであるコーヒー屋さんが出店していて、思わず注文してしまいました。

「豆の味、よくわからないんですよねー。」と伝えると、店の人は

「苦いのと酸味のあるのと、どっちがいい?」と聞かれ

「苦いので。」

「じゃあインドネシアの豆がいいかもねー」…ってことで、それをチョイス。

ドリップしてもらってる間に世間話。

「最近ドリッパー買ったんで、家でもたまに飲んでるんですよー」

「いいですねー、ちなみに豆はどこで買ってるんですかー?」

「ちかくのカ〇ディですねー。とりあえず店のオススメとかポップ見て適当に買ってます」

「んー、挽いてもらってる?」

「はい。コーヒーミルとか興味はあるけど高そうやし、家ではなかなかできないでしょ。」

「そんなことないですよ、ミルもピンキリですし。家庭用なら何万円もしませんよ。豆って店で挽いてしまうと香りは一週間ももたないですから…」

なにっ?

こないだ買ってから二週間は経ってるわ。

ミルか…んー。・・・ポチっ。

一週間後、初めて家で豆を挽いてみました。

うまい。

お義姉さんとこで飲んだ味に近い。

で、色々とググりだす日々が続きます。

ある日、「ドリップするときは注ぎ口が細いもので…」

  ポチッ。

またある日、「抽出温度が高めだと〇〇…」

  ポチッ。

またまたある日、「当店の豆は〇〇、今なら飲み比べセットが…」

  ポチッ。

一か月後には、それなりの道具一式が揃っちゃいました。

…っていう話を職場ですると、おばちゃんが一言。

「どうせだったら本格的なコーヒー豆探してみたらどうよ?豆ってグレードが色々あるだろ?」

ふむ。ググり、ググり…ポチッ。

いやぁ、便利な世の中になったもんです。

ネットで買える日本全国の店を検索すること数日、とある店のキャッチに目を引かれ思わず購入。

【種からカップまで…】

なんか響きがいいですよね。こういうのに弱いんです、僕。

店のホームページには、豆の詳しい説明はもちろんのこと、産地や生産者の写真、おいしいドリップの方法etc…

このお店では、豆の焙煎度合いを指定できないスタイル。

他の店では豆の種類に加えて、焙煎度や挽き方を指定できる店がほとんど。

どうやら豆本来の持っている特性を熟知しているからこそ、ベストの焙煎度合いでお届けしたいとのこと。

で、定期購入のバナーも。【初回限定お試しセット】とか…

う~ん、決して安くはないしなぁ。お試しだけでも…

と、妻に相談。

「いいでぇ、飲んでみたい。」…二つ返事でした。

で、めでたく【初回限定お試しセット】注文。

もちろん届くまでに、そのお店のホームページを読み込み、淹れ方やウンチクをインプット。

数日後には、焙煎したてのスペシャリティコーヒーが我が家にやってきました。

届いた豆の袋を開けると…

………いつから我が家はオシャレなカフェになったんだろう。

足元では子どもたちが見せろと騒ぎ、部屋は相変わらず散らかり放題。

キッチンでは作りかけの晩飯が待ちぼうけ。

にもかかわらず、ひとつの匂いだけでここまで空想と妄想の世界へ行けるとは。

で、晩飯を食べた後は早速アウトプットの時間です。

お店の動画の通り、丁寧にドリップ。挽き具合や温度にも注意して渾身の一杯!

んまい。

一昔前の某番組の某芸人が放った言葉。

【『うまい』じゃなくて『んまい』】

定期購入決定!…で約一年、現在に至る。

さて、長々と語ってきましたが『どこが恐怖の始まりやねん』ってツッコミがありそうです。

【恐怖】

動物や人間のもつ感情の一つで、こわいと思うことやその気持ち。(wikipediaより)

こわいんですよ。    まさかの 続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました