ベーコンつくってみた

はいどうも、万年36.5℃【定温動物】の黒大です。

コロナ騒動で体温を定期的に図るようになりましたが、ほぼほぼ36.5℃。絵にかいたような平熱です。

さて自粛ムード満載の昨今、自宅で何ができる?…てな事で、趣味の料理に精を出す。

「趣味」というか、毎食の調理担当は僕なので「生活の一部」なんですがね。まぁ普段作らないものを作るということで「趣味(料理)」という位置付け。

で、タイトルにあるように「ベーコン作ってみた」

店でもメーカーや種類が豊富で、「スライス」「ブロック」「細切れ」etc…色んな形で売られています。

ちなみにウチでは、コ〇トコの「アップルスモークベーコン」が大人気です。普段の朝食や炒め物にも使えるし、大きく切って贅沢ポトフにも使える。

大変便利な代物。…なんですが。

やはり今の状況で仕入れに行くのは抵抗がある。最寄りのコ〇トコは非常事態宣言の真っ最中。

じゃ作ろう。

google先生に教えてもらおう。

ちなみに、いきなり燻すだけでは作れないのは知ってましたが一週間もかかるとは…ベーコンが高価な意味がわかります。

豚肉の塊(今回は豚バラ肉)に塩コショウをすりこみ密封し、冷蔵庫で5日間。

さらに水につけて(塩抜き)数時間後、冷蔵庫内で乾燥させるのに2日間。

ここまでしてようやく燻製できるようになります。下準備に八割方費やします。(厳密にいうと、燻製前に冷蔵庫から出して常温に戻すのに1~2時間)

で燻製作業に入ります。ホームセンターで買った「ミニスモーカー」です。以前にも燻製に挑戦したことがあって、「さくらチップ」は家にあったのでそれを使用。

ミニスモーカーの取説には

【屋外での使用を想定しているため屋内では使用しないでください】

【屋内では使用しないでください】

マジか。

屋外つっても、ウチ団地住まいやし、ベランダではできんし。

ってことで…

こんな感じ。

ググってみると、同じようなマニアックな方がいるもんです。

換気扇周りにこうしておくだけで、部屋への匂い移りが軽減されるとか。

そんなこんなで、晴れてスモーカーに肉をセット!(塊では収まらなかったので半分にカット。)

で、燻すこと約一時間。

めっちゃうまそう!

粗熱取れたら早速カット。

エエ感じです!

早速炒めてみる。

うまい。

ん~、ちょっと塩気が強い。

「んまい」とはいかず。

塩抜きが不十分だったか。

けど発色剤とかの添加物はまったく使ってないし、香りが段違い!

塩気は少々強いものの、味は肉の旨味が濃厚。

ポトフなら薄味調味でも十分いけそう。炒めものなら味付け不要。

サイコロ切りにして炒めたものを「レンコンサラダ」に投入!

さてさて、自粛自粛の昨今。家庭内でできることもネタにできそうですね。

『自家燻製』

オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました